非思量

category: CD/DVDレビュー:H  1/2

Hattler「Warhol Holidays」(2016)

ドイツのベーシスト、Hellmut Hattlerのソロ。2010年の「Gotham City Beach Club Suite」以来、個人的にはご無沙汰していたんだが、その間もソロ作やJoo KlausとのユニットTab Two、Kraan等で活発に活動していた模様。私が初めて購入した「Bass Cuts」(2004)の時からサウンドにほとんど変化がないのだが、時流におもねっている様子がこれっぽっちもないせいか、古さを感じさせないタイムレスなものに聴こえる。曲ごとにミュージ...

  •  0
  •  0

H(Steve Hogarth)「Ice Cream Genius」(1997)

例年、8月はCDの購入枚数が少なくて、このブログでも8月になると旧譜の紹介やらプロレスの観戦記やら企画モノやらでなんとか更新頻度を維持していたりする。今年も今月に入ってまだ1枚もCDを買っていない(注文した新譜が届かない)ので旧譜のレビューなぞ。Marillionの2代目ヴォーカル、Steve HogarthのH名義によるソロ・アルバムである。1997年作だからEMIからドロップされてから初めてのアルバム「This Strange Engine」と同じ...

  •  0
  •  0

Hattler「Gotham City Beach Club Suite」(2010)

以前はKraanというプログレ~ジャズ・ロック系のバンドで活躍していた(私は未聴)ドイツ人ベーシスト、Hellmut Hattlerのライヴ・アルバムを含めて(多分)7枚目のアルバム。私が初めて聴いたHattlerのアルバムは2004年リリースの「Bass Cuts」(余談だが、このアルバムはThe Cuts Seriesとして一般のアルバムとは区別されている模様)なのだが、その中に収録されていた"Bass Camp"のベース・ソロにノック・アウトされて以来、ス...

  •  0
  •  0

Halford「Winter Songs」(2009)

Judas PriestのVo、Rob Halfordが自らのソロ・プロジェクト、Halfordを再始動。7年ぶりの3rdアルバムはなんとクリスマスを意識したアルバム。全10曲中、“We Three Kings - 賛美歌第二編52番「われらは来たりぬ」””Oh Come O Come Emmanuel - 賛美歌94番「久しく待ちにし」”といったパブリックイメージとかけ離れたカヴァーが6曲を占めている。ちなみにRob以外のメンバーはRoy Z(G)、Metal Mike Chlaciak(G)、Mike Davis(B)、...

  •  0
  •  0

Hattler「The Big Flow」

ドイツのベーシスト、Hellmut Hattlerの(多分)5枚目のソロ・アルバム。2006年発表。シンプルな打ち込みビートの上にギターやベースなどのフレーズを重ね合わせるように構築していくスタイルで、前作「Bass Cuts」がHattlerのベースをメインに据えていたのに対して、今回は大半がヴォーカル入り。華美な装飾を削ぎ落としたサウンドや落ち着いた歌唱から漂ってくるのはジャズ的なクールさだが、エレクトリック・シタールを混ぜ込ん...

  •  0
  •  0