非思量

Thinking Plague「Hoping Against Hope」(2017)

hopingagainsthope.jpg

女性Vo+G×2+B+Drにサックス/クラリネット/フルート奏者を加えた(その他ピアノやオーボエ等ゲストあり)キャリア35年を誇るアメリカ産6人組の5年ぶり7th。私が購入したのはCuneiformリリースの輸入盤だが、ディスクユニオンから国内盤も発売されている模様。

5th「A History Of Madness」(2003)で彼らの音楽に初めて接したときはこのテの音楽をあまり聴いたことがなかったので随分興奮したものだが、要はレコメン系とかRIOとか呼ばれるアヴァンギャルドなチェンバー・ロック。表情に乏しい女性Vo(前作からヴォーカルがDeborah PerryからElaine di Falcoに交代しているが、歌唱の方向性というかキャラクターは同一)、パキパキと屈折しまくるアンサンブル、アコースティックを多用した欝々としたサウンド。大雑把に纏めればそういう感じ。

親しみやすい、という言葉からはとても遠いところにある、テレビではまず流れないタイプの音楽。とりたててドラマティックなワケでもなく、わかりやすいクライマックスもない。深夜にテレビをつけてこんな音楽が流れてきたら、ちょっと怖い。誰もいない部屋でに壁に向かって独り言をつぶやいているかのような薄気味悪さが場を支配している。2本のアコギが紡ぎだす不協和音が印象的な演奏時間約10分のタイトル・トラックや、13分45秒の間ひたすら不穏で邪悪なアンサンブルを聴かせ続けるラストの“A Dirge For The Unwitting”といった、尺の長い曲が良かった。こういうメインストリームの香りが微塵もしない音楽を聴いていると「あーこれぞプログレだわー」という実感が湧いてくるな。


Thinking Plague“The Echoes Of Their Cries”

Tremonti「Dust」(2016)

dust.jpg

TremontiはAlter Bride/Creedのギタリスト兼メイン・ソングライターのMark Tremontiによるソロ・プロジェクト。昨年2nd「Cauterize」を出したばかりなのに、早くも3rdをリリースしてきた。

Alter Bridgeの新作もレコーディングを終えているそうで、まあ大したハードワーカーっぷりだなあ、と思ったら、どうやら「Dust」の収録曲は前作「Cauterize」と同時期にレコーディングされたものらしい。前作から引き続きジャケットに地平線の向こうに白目の巨大なオッサンが描かれているのはそのせいか。まあそれはそれとして、1stから連綿と続く、Jeff Scott Soto系のキメの粗いヴォーカルとタイトにまとめた演奏が織りなすヘヴィ・メタル然としたサウンドには一点の曇りもない。

楽曲も然り。リズム面を工夫して慎重に前作収録曲とのキャラクター重複を避けようとしているのは分かるが、サウンドのコンセプトというか土台が一緒なので、正直、あまり変わり映えしない。ただし曲の出来栄えそのものは今回も上々。レンジが広いとは言えないヴォーカルながら次々とドラマティックなメロディを紡ぎだす手腕はさすが。

新作含めこれまでの3枚全てが夏場のリリースとなっているがそれがまたイイ。この暑苦しさがハマるのよ。暑苦しいだけに40分+α程度のコンパクトなつくりにまとめているのも個人的には好感が持てる。


Tremonti“Dust”


Tremonti「Cauterize」(2015)

cauterize.jpg

Creed、Alter Bridgeのギタリスト、Mark Tremontiのソロ・プロジェクト2nd。今回はサブのギタリストもメンバーとしてクレジットされており、ブックレットでも4人のフォトがフィーチュアされている前作でベース兼セカンド・ギタリストだったEric Friedmanがギター専任になり、ベーシストとしてEddie Van Halenの息子であるWolfgangがクレジットされている(2016/5/26訂正)。なぜか全員の目がウルトラマンみたく光っているが。Creed~Alter Bridge周辺の、このあたりのセンスが相変わらずよくわからない。

閑話休題。1st「All I Was」(2012)はTremonti自らの好みを最大限反映させたような感じのゴリゴリした作りのアルバムだったが、今回も全く同じ路線。しょっぱなの“Radical Change”から飛ばす飛ばす。続く“Flying Monkeys”はドッシリと重たいポスト・グランジな曲だが、“Arm Yourself”は再びアクセルベタ踏みモード。

後半はやや落ち着くというか、メロディを重視した曲調に。ヘヴィでガッツィーなサウンドを保ちつつ、Alter Bridgeの3rd~4thで獲得した多様性をソロ作にも上手く反映させており、ラス前の“Sympathy”はポジティヴな雰囲気のメロディックな、Alter Bridgeの3rdに入っていそうな曲で、ラスト“Providence”はスケールの大きい中間パートが印象的な荘厳な雰囲気を持つ。

1stが好きなら文句なしに買い。Alter Bridge「Fortress」(2013)でファンになった方も、是非。「Fortress」の“Waters Rising”でメイン・ヴォーカルをとっているのがTremonti。Myles Kennedyとは異なる個性を持つ荒っぽいVoもなかなか良いよ。


Tremonti“Another Heart”

Trioscapes「Digital Dream Sequence」(2014)

digitaldreamsequence.jpg

Between The Buried And Meのベーシスト、Dan Dreggs率いるB+Sax,Flu+Dr,Perという編成からなるジャズ・ロック・トリオ、Trioscapesの2nd。

はじめは「曲のクオリティ、落ちたかな?」という印象が残った。フレーズや楽曲の構成にやや強引さが目立ち、パワフルでありながら硬軟のバランスが絶妙だった前作「Separate Realities」(2012)と比較すると、やたらと複雑な展開を見せる割に直線的なイメージが拭えなかったので。

しかし前作を遥かに上回る強固なサウンドが全ての懸念を洗い流してしまった。そのぶっとさを表現する言葉が見つからない凄まじいベース、そのベースに真っ向から勝負を挑むようなサックス&ドラム。とにかく音の輪郭が太い。それでいてその輪郭にボヤケたところが全くない。このサウンドは文句なしに素晴らしい。

それがわかると剛毅極まりない楽曲群が俄然、説得力を帯びてくる。よくよく耳を傾けてみればちょいちょい現れるフルートやパーカッションの繊細な音色に心を奪われる瞬間もある。でもまあこの作品のツボはやはりこの比類なきサウンドである。メロディを聴かせることにも気を配っていた感のある1stとは似ているようで似ていないが、抜群に説得力のある、聴き応えのある作品を続けて生み出したことは素直に称えたい。可能な限りの大音量で楽しみたい1枚。


Trioscapes“Stab Wounds”

Thierry Maillard Trio「The Alchemist」(2014)

thealchemist.jpg

フランス人ピアニスト、Thierry Maillardの10th。Maillard以外のメンバーはYoann Schmidt(Dr)、Matyas Szandai(B)で、Maillardは1曲で鉄琴もプレイしている。

下に貼った動画のような、ピンとした緊張感の漂うピアノ・トリオによるジャズを軸としつつ、ヴァイオリン×6+ヴィオラ×3+チェロ×3という12人編成のストリングス隊を加え、優雅な空気を漂わせる場面も。毛並みは異なるがJon Lord「Beyond The Notes」(2004)が持つノーブルなムードに通じるものを感じさせる。

それだけなら「まあ、私の好みに合うっちゃ合うかな」で終わりなのだが、面白いのは更にギター、フルート、ハープ、ドゥドゥク(バラバンとも呼ばれる、中央アジアの木管楽器)、バウー(巴烏。中国の笛)等々、多種多彩な楽器をゲストに迎えて時に鮮やか、時にスリリングな情景を描き出していること。特に深い郷愁を漂わせるドゥドゥクの音色が冴え渡る“It's Over”や、ミニマルなフレーズのピアノとウードが絡み合う“Albatross”の出来映えはかなりのもの。

一噌幸弘・しらせ「よしのぼり」(2008)とは、まあ全然違う作風だけれども、様々な地域の楽器が渾然一体となって大変面白い世界を作り出している点では共通しているかも。曲も良い。オススメ。


Thierry Maillard Trio“Albatros”
トリオ編成によるライヴ演奏。

Newest