非思量

Index

461: GoGo Penguin「A Humdrum Star」(2018)

メジャー・デビュー作「Man Made Object」

  •  0
  •  0

460: Markus Reuter featuring Sonar and Tobias Reber「Falling For Ascension」(2017)

ドイツのタッチ・ギター奏者、Markus Reute

  •  0
  •  0

459: 2017年振り返り。

ここ何年かは「201X年の5枚」「201X年のXX

  •  0
  •  0

458: Diablo Swing Orchestra「Pacifisticuffs」(2017)

スウェーデン出身8人組の、実に5年ぶりとな

  •  0
  •  0

457: amazarashi「地方都市のメメント・モリ」(2017)

青森出身の秋田ひろむ、豊川真奈美からなる

  •  0
  •  0

456: Operation:Mindcrime「The New Reality」(2017)

exQueensrycheのGeoff Tate(Vo,Key,Sax)

  •  0
  •  0

455: Daniel Cavanagh「Monochrome」(2017)

Anathemaのギタリスト、Daniel Cavanaghの

  •  0
  •  0

454: Ulver「The Assassination Of Julius Caesar」(2017)

Kristoffer Ryggを中心とするノルウェーの

  •  0
  •  0

453: John Zorn「The Garden Of Earthly Delights」(2017)

John Zornについては、多岐に渡り過ぎる音

  •  0
  •  0

452: Steven Wilson「To The Bone」(2017)

近年はKing Crimsonの旧譜をはじめとして様

  •  0
  •  0

451: Marillion@Club Citta'川崎(2017.10.20-21)

・「(足元のカンペを見て)オマタセ、シマ

  •  0
  •  0

450: Chon「Homey」(2017)

米サンディエゴ産のツイン・ギター+ドラム

  •  0
  •  0

449: The National「Sleep Well Beast」(2017)

オハイオ出身、NYを拠点に活動するThe Nati

  •  0
  •  0

448: ふくろうず「びゅーてぃふる」(2017)

2週間ほど前の話。クルマの運転中にラジオ

  •  0
  •  0

447: Dream Theater@大阪国際会議場(2017.09.13)

客電が落ち、湧き上がる歓声。観衆は席を立

  •  0
  •  0

446: Portico Quartet「Art In The Age Of Automation」(2017)

いかなる事情があったのか、3rd「Portico Q

  •  0
  •  0

445: Einar Stray Orchestra「Dear Bigotry」(2017)

ノルウェー産、Vo,Key+Cello,Vo+Violin+B+D

  •  0
  •  0

444: Nguyên Lê & Ngô Hồng Quang「Hà Nội Duo」(2017)

ヴェトナム系フランス人ギタリスト、Nguyên

  •  0
  •  0

443: Nova Collective「The Further Side」(2017)

Between The Buried And Meのベース+Haken

  •  0
  •  0

442: Anathema「The Optimist」(2017)

一昨年、待望の初来日を果たしたAnathemaの

  •  0
  •  0

440: Lonely Robot「The Big Dream」(2017)

It BitesやKino、Frost*等での活動で知られ

  •  0
  •  0

439: sora tob sakana「cocoon ep」(2017)

この記事の掲載日時点で平均年齢14歳の4人

  •  0
  •  0

438: Marillion来日!

「Brave」で彼らの音楽にハマッてから23年

  •  0
  •  0

437: Richard Barbieri「Planets + Persona」(2017)

元Japanで、拙ブログで採り上げる諸作品で

  •  0
  •  0

436: amazarashi「Message Bottle」(2017)

amazarashi、初のベスト・アルバム。インデ

  •  0
  •  0

435: Thinking Plague「Hoping Against Hope」(2017)

女性Vo+G×2+B+Drにサックス/クラリネット

  •  0
  •  0

434: Marillion「A Sunday Night Above The Rain」(2017)

昨年「Fuck Everyone And Run」をリリース

  •  0
  •  0

433: 水曜日のカンパネラ「Superman」(2017)

曰く「メジャー1stフルアルバム」。10曲入

  •  0
  •  0

432: Bonobo「Migration」(2017)

イギリス出身のエレクトロニカ系ミュージシ

  •  0
  •  0

431: John Wetton逝去。

AsiaのTwitter公式アカウントより。We regr

  •  0
  •  0

430: 2016年の15曲。

2016年振り返り企画その2。いつものごとく

  •  0
  •  0

429: 2016年の5枚。

年間の購入枚数が50枚(デジタルも含まれる

  •  0
  •  0

428: Dizrhythmia「Too」(2016)

現行King Crimsonに参加しているJakko M Ja

  •  0
  •  0

427: Hattler「Warhol Holidays」(2016)

ドイツのベーシスト、Hellmut Hattlerのソ

  •  0
  •  0

426: King Crimson「Three Of A Perfect Pair」(1984)

King Crimsonについては「Adrian Belew在籍

  •  0
  •  0

425: Wakrat「Wakrat」(2016)

Rage Against The Machineのベーシスト、Ti

  •  0
  •  0

424: 水曜日のカンパネラ「UMA」「Superkid」(2016)

 メジャーデビュー作となった「UMA」、な

  •  0
  •  0

423: Alter Bridge「The Last Hero」(2016)

「Fortress」から3年ぶりとなる5th。国内盤

  •  0
  •  0

422: Disillusion「Alea」(2016)

私に大いなる衝撃を与えた2nd「Gloria」(2

  •  0
  •  0

421: Marillion「Fuck Everyone And Run」(2016)

スタジオ17th(「Less Is More」(2009)を

  •  4
  •  0

420: Devin Townsend Project「Transcendence」(2016)

精力的に作品をリリースし続けているDevin

  •  0
  •  0

419: Operation: Mindcrime「Resurrection」(2016)

Geoff Tate率いるOperation: Mindcrimeの2n

  •  0
  •  0

418: Steve Jansen「Tender Extinction」(2016)

元Japanのドラマー、Steve Jansenの「Slope

  •  0
  •  0

417: 聖飢魔II「荒涼たる新世界/Planet/The Hell」「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ/Goblin's Scale」/デーモン閣下「Demon As Bad Man -D.C.18 Edition-」(2016)

まず「荒涼たる新世界/Planet/The Hell」

  •  0
  •  0

416: 2010年代前半総括。

仕事が忙しくてあまり音楽を聴けておらず、

  •  0
  •  0

415: Tremonti「Dust」(2016)

TremontiはAlter Bride/Creedのギタリスト

  •  0
  •  0

414: 今沢カゲロウ@Funky Chicken(2016.6.15)

近年は大学やら専門学校等での講演活動など

  •  0
  •  0

413: Dizzy Mizz Lizzy「Forward In Reverse」(2016)

デンマーク出身の3人組、実に20年ぶりとな

  •  0
  •  0

412: Covet「Currents」(2016)

カリフォルニア州で活動する女性ギタリスト

  •  0
  •  0

411: Ukandanz「Awo」(2016)

ジャズやプログレのフィールドで活動してい

  •  2
  •  0

410: Blue October「Home」(2016)

3年ぶりの8th。今回もクラウドファンディン

  •  0
  •  0

409: Nik Bärtsch's Mobile「Continuum」(2016)

スイスのピアニスト/コンポーザー、Nik Bä

  •  0
  •  0

408: Myrath「Legacy」(2016)

北アフリカ沿岸に位置するチュニジア共和国

  •  0
  •  0

407: 聖飢魔II「メフィストフェレスの肖像」(1996)

このたびの再集結に合わせ、聖飢魔IIがBMG

  •  0
  •  0

406: amazarashi「世界収束二一一六」(2016)

3rdフル。彼らのことを知ってからもう結構

  •  0
  •  0

405: Masayoshi Fujita「Apologue」(2015)

ベルリン在住の日本人ビブラフォン奏者、Ma

  •  2
  •  0

404: 小暮伝衛門「好色萬声男」(1990)

今回の再集結も好評のうちに終了したらしい

  •  0
  •  0

403: amazarashi@Zepp Namba(2016.2.21)

早くも今年2本目のライヴ。2週連続で四国か

  •  0
  •  0

402: Masayoshi Fujita & ハチスノイト@bar OIL(2016.2.13)

今年初のライヴは京都でのツーマン。会場は

  •  0
  •  0

401: GoGo Penguin「Man Made Object」(2016)

英国産ピアノ・トリオ、GoGo Penguinの3rd

  •  0
  •  0

400: ハチスノイト「Illogical Dance」(2015)

「Universal Quiet」(2014)以来、約1年ぶ

  •  0
  •  0

399: 2015年の16曲。

いつもの、その2。縛りは「2015年中に購入

  •  0
  •  0

398: 2015年の5枚。

いつもの。順不同でアルファベット順に紹介

  •  0
  •  0

397: ActionAid「All I Want For Christmas Is A Goat」(2015)

メリークリスマス!今回はクリスマスアルバ

  •  0
  •  0

396: W.A.S.P.「Golgotha」(2015)

アメリカのヘヴィ・メタル・バンド、W.A.S.

  •  0
  •  0

395: King Crimson@サンポートホール高松 大ホール(2015.12.19)

追加公演発表時に誰もがその目を疑い「Robe

  •  0
  •  0

394: Yuka & Chronoship「The 3rd Planetary Chronicles 第三惑星年代記」(2015)

「Dino Rocket Oxygen」(2013)以来となる

  •  0
  •  0

393: Capriccio「Hyper Naturalism」(2015)

大阪は堺にて結成された6人組による1st。動

  •  0
  •  0

392: 水曜日のカンパネラ「ジパング」(2015)

YouTubeにアップされた“桃太郎”の、それま

  •  0
  •  0

391: Chris Cornell「Higher Truth」(2015)

元Audioslave、Soundgardenのシンガー、Chr

  •  0
  •  0

390: Queensrÿche「Condition Hüman」(2015)

めでたくバンド名使用権を獲得したTodd La

  •  0
  •  0

389: amazarashi「スピードと摩擦」(2015)

青森出身の2人組ユニットの2ndシングル。3

  •  0
  •  0

388: 最近観たライヴのレポート。

モニカール@JIRO'SギターBAR(2015.9.26)

  •  0
  •  0

387: Soilwork「The Ride Majestic」(2015)

スタジオ盤としては2年ぶりとなる10th。前

  •  0
  •  0

386: Operation: Mindcrime「The Key」(2015)

Geoff TateがQueensrÿche(Queensryche)の名

  •  0
  •  0

385: Yuka & Chronoship@吉祥寺シルバーエレファント(2015.8.30)

Anathemaのチケットを取った後「何か他にラ

  •  0
  •  0

384: Anathema@恵比寿リキッドルーム(2015.8.31)

待望のAnathema初来日公演、初日に行って参

  •  0
  •  0

383: Fear Factory「Genexus」(2015)

インダストリアル・メタルのヴェテラン、Fe

  •  0
  •  0

382: Special Providence「Essence Of Change」(2015)

ハンガリーのセッション・ミュージシャンに

  •  0
  •  0

381: Tremonti「Cauterize」(2015)

Creed、Alter Bridgeのギタリスト、Mark Tr

  •  0
  •  0

380: The Night Flight Orchestra「Skyline Whispers」(2015)

SoilworkのBjörn(Bjorn) Strid(Vo)とDav

  •  0
  •  0

379: Portico「Living Fields」(2015)

ロンドンで結成されたジャズ・ロック・カル

  •  0
  •  0

378: Anathema来日。

RushやMarillionあたりの来日はほぼ絶望的

  •  2
  •  0

377: ハチスノイト「Universal Quiet」(2014)

夢中夢、Magdaraのヴォーカリスト、ハチス

  •  0
  •  0

376: Bill Laurance「Swift」(2015)

テキサス州で結成されたフュージョン・グル

  •  0
  •  0

375: 水曜日のカンパネラ「トライアスロン」(2015)

めでたくタワレコ以外での購入も可能になっ

  •  0
  •  0

374: Paula Cole「7」(2015)

Peter Gabrielのツアーに起用されたのを機

  •  2
  •  0

373: Lonely Robot「Please Come Home」(2015)

It BitesやKino、Frost*等での活動で知られ

  •  0
  •  0

372: Noel Gallagher's High Flying Birds「Chasing Yesterday」(2015)

90年代後半にB!誌の熱心な読者であった私に

  •  0
  •  0

371: Morgan Ågren「Batterie Deluxe」(2015)

Mats/Morganでの活動等で知られるスウェー

  •  2
  •  0

370: Google翻訳はロック。

ツイッターで話題?になっていたのでご存知

  •  0
  •  0

369: Marilyn Manson「The Pale Emperor」(2015)

アメリカのショック・ロッカー、Marilyn Ma

  •  0
  •  0

368: 茜「茜道中譚/Journey」(2014)

ゲーム・ミュージックの世界で活躍している

  •  2
  •  0

367: 2014年の13曲。

あけましておめでとうございます。今年も淡

  •  0
  •  0

366: 2014年の5枚。

2014年中に購入したCDあるいはデジタル音源

  •  0
  •  0

365: Unheilig「Gipfelstürmer」(2014)

Rammsteinを祖とするロック・ミュージック

  •  0
  •  0

364: Masal「Viens Des Quatre Vents」(2014)

Masal(やはりこれは「マサル」と読むのだ

  •  0
  •  0

363: Freak Kitchen「Cooking With Pagans」(2014)

変態ギタリストとしてその名を知られるMatt

  •  0
  •  0

362: 連休中に観たライヴの感想(今沢カゲロウ&水曜日のカンパネラ)。

そのことでライヴの評価が左右されるような

  •  0
  •  0

361: 水曜日のカンパネラ「私を鬼ヶ島に連れてって」(2014)

来年3月に初の単独ライヴ開催が決まった水

  •  0
  •  0

360: Lunatic Soul「Walking On A Flashlight Beam」(2014)

ポーランド産プログレ・バンド、Riverside

  •  0
  •  0

359: Dream Theater@大阪国際会議場(2014.10.22)

同じ会場で「Octavarium」ツアーを観て以来

  •  0
  •  0

358: Steve Rothery「The Ghosts Of Pripyat」(2014)

Marillionのギタリスト、Steve Rotheryの1s

  •  4
  •  0

357: Julie Slick + Marco Machera「Fourth Dementia」(2014)

Adrian Belew Power TrioやKing Crimson Pr

  •  2
  •  0

356: 今沢カゲロウ「Spin, spin...」(2014)

ベースニンジャの17枚目。今回はピアノ・ト

  •  2
  •  0

355: The Chant「New Haven」(2014)

フィンランドのアトモスフェリック・メタル

  •  2
  •  0

354: Trioscapes「Digital Dream Sequence」(2014)

Between The Buried And Meのベーシスト、D

  •  0
  •  0

353: Young Widows「Easy Pain」(2014)

米ケンタッキー州ルイヴィル出身、3人組の4

  •  0
  •  0

352: Sia「1000 Forms Of Fear」(2014)

オーストラリア女性SSWの6th。国内盤が出て

  •  0
  •  0

351: Thierry Maillard Trio「The Alchemist」(2014)

フランス人ピアニスト、Thierry Maillardの

  •  0
  •  0

350: Emler Tchamitchian Echampard「Sad And Beautiful」(2014)

Andy Emler(Pf)、Claude Tchamitchian(B

  •  0
  •  0

349: Unheilig「Alles Hat Seine Zeit」(2014)

2000年にドイツで結成され、7th「Große Fre

  •  0
  •  0

348: Mats/Morgan「Schack Tati」(2014)

スウェーデンのドラマー、Morgan Ågren(Ag

  •  0
  •  0

347: Anathema「Distant Satellites」(2014)

Anathemaのオリジナル10th。国内盤も発売さ

  •  0
  •  0

346: Coldplay「Ghost Stories」(2014)

英国産4人組による6th。個人的には「Viva L

  •  0
  •  0

345: Animals As Leaders「The Joy Of Motion」(2014)

ワシントンD.C.出身のトリオ編成バンドによ

  •  0
  •  0

344: A Sense Of Gravity「Travail」(2014)

シアトル出身6人組の1st。CDをいくら探して

  •  2
  •  0

342: 水曜日のカンパネラ「シネマジャック」(2014)

前作「羅生門」が個人的に結構ツボだった水

  •  0
  •  0

341: Squarepusher x Z-Machines「Music For Robots」(2014)

イギリスのテクノ・ミュージシャン/ベーシ

  •  0
  •  0

340: Felix Martin「The Scenic Album」(2013)

ヴェネズエラ出身、バークリー音楽院で学ん

  •  0
  •  0

339: John Wesley「Disconnect」(2014)

Porcupine Tree(以下PT)のツアー・メンバ

  •  0
  •  0

338: Sonar「Static Motion」(2014)

かのギター・クラフトで学んだ経験があると

  •  0
  •  0

337: 水曜日のカンパネラ「羅生門」(2013)

コムアイ(主演/歌唱)、Kenmochi Hidefum

  •  0
  •  0

336: Alter Bridge@梅田クラブクアトロ(2014.2.19)

Alter Bridgeの初来日公演に行ってきた。ほ

  •  0
  •  0

335: DAAU「Eight Definitions」(2013)

ベルギー産アコーディオン+クラリネット+

  •  0
  •  0

334: Kristoff Silva「Deriva」(2013)

ブラジルはミナス・ジェライス州出身のミュ

  •  2
  •  0

333: Yuka & Chronoship「Dino Rocket Oxygen」(2013)

女性SSW、船越由佳(Pf,Key,Vo,Cho)に田口

  •  2
  •  0

332: 2013年の16曲。

1年を振り返る企画その2。2013年に買ったCD

  •  0
  •  0

331: Empty Days「Empty Days」(2013)

イタリアを拠点とするRIO(Rock in Opposit

  •  0
  •  0

330: Steve Hogarth & Richard Barbieri「Arc Light」(2013)

今年もよろしくお願いします。パソコンが壊

  •  0
  •  0

329: 2013年の5枚。

ついこないだ紅白で生演奏がどうとか口パク

  •  0
  •  0

328: Pryapisme「Hyperblast Super Collider」(2013)

フランスの5人組による2nd。彼らの作品を聴

  •  2
  •  0

327: Scott Stapp「Proof Of Life」(2013)

Creedのシンガー、Scott Stappの「The Grea

  •  0
  •  0

326: Exivious「Liminal」(2013)

Cynicの元メンバーを含むテクニカル・フュ

  •  0
  •  0

325: The Gathering「Afterwords」(2013)

ノルウェーの女性Vo、Silje Wergelandが加

  •  0
  •  0

324: Anneke Van Giersbergen「Drive」(2013)

Anneke Van GiersbergenのThe Gathering脱

  •  0
  •  0

323: RX「Heliosphere」(2013)

石川俊介(ゼノン石川、B)と雷電湯澤(ラ

  •  0
  •  0

322: Friend Roulette「I'm Sorry You Hit Your Head」(2013)

ブルックリンを拠点にしているVo(♂),G,Sy

  •  0
  •  0

321: Alter Bridge「Fortress」(2013)

Creedのインスト隊+SlashのVoからなるアメ

  •  0
  •  0

320: Anathema「Universal」(2013)

Anathemaがブルガリアの古代劇場で行ったラ

  •  0
  •  0

319: Blue October「Sway」(2013)

テキサス州ヒューストンで結成された4人組

  •  0
  •  0

318: Shining「One One One」(2013)

前作「Blackjazz」(2010)が高い評価を得

  •  0
  •  0

317: James LaBrie「Impermanent Resonance」(2013)

Dream Theaterのシンガー、James LaBrieの

  •  0
  •  0

316: Queensrÿche(Queensryche)「Queensrÿche」(2013)

Scott Rockenfield(Ds)、Michael Wilton

  •  0
  •  0

315: Queensrÿche(Queensryche)「Frequency Unkown」(2013)

昨年6月から分裂状態のQueensryche。今回紹

  •  0
  •  0

314: 竹澤悦子「へちま」(2013)

沢井忠夫/一恵のもとで筝を学んだ竹澤悦子

  •  0
  •  0

313: 聖飢魔II「Ponk!!」(1994)

今年に入ってから、聖飢魔IIのソニー時代の

  •  2
  •  0

312: Brandt Brauer Frick「Miami」(2013)

ドイツの3人組人力ミニマル・テクノ・ユニ

  •  0
  •  0

311: Believe「The Warmest Sun In Winter」(2013)

ポーランド産5人組の5th。ヴァイオリン担当

  •  0
  •  0

310: Anna María「Saknad Fornaldar」(2013)

アイスランドの女性シンガー、Anna María(

  •  0
  •  0

309: きゃりーぱみゅぱみゅ「なんだこれくしょん」(2013)

今や時代の寵児、と呼んでいいのだろうか。

  •  0
  •  0

308: Anna Pingina「Ahimsa」(2013)

1at「Moy」(2010)が大変良く出来ていたロ

  •  0
  •  0

307: The National「Trouble Will Find Me」(2013)

NYに拠点を置くインディー・ロック5人組の6

  •  0
  •  0

306: Phoenix「Bankrupt!」(2013)

フランス出身4人組の5th。前作「Wolfgang A

  •  2
  •  0

305: Pamela Moore「Resurrect Me」(2013)

Queensryche「Operation:Mindcrime」(1988

  •  0
  •  0

304: Colin Edwin & Jon Durant「Burnt Belief」(2012)

Porcupine Treeのベーシスト、Colin Edwin

  •  0
  •  0

303: Paula Cole「Raven」(2013)

アメリカ人女性SSW、Paula Coleの「Ithaca

  •  0
  •  0

302: MRF「Val'siruyushia Vo T'me」(2012)

昨年紹介したウクライナ産のフィーメイル・

  •  0
  •  0

301: Trioscapes「Separate Realities」(2012)

Between The Buried And Meのベーシスト、D

  •  0
  •  0

300: Brother Ape「Force Majeure」(2013)

スウェーデン産トリオの6th。とりあえず今

  •  0
  •  0

299: Soilwork「The Living Infinite」(2013)

約2年半ぶりとなる9thは堂々2枚組での登場

  •  0
  •  0

298: Doimoi@大阪Live Space Conpass(2013.3.2)

Doimoiが3rdアルバム「Materials Science」

  •  0
  •  0

297: Marillion「Radiation 2013」(2013)

最新作「Sounds That Can't Be Made」(201

  •  0
  •  0

296: John Hollenbeck「Songs I Like A Lot」(2013)

The Claudia Quintetの首領John Hollenbeck

  •  0
  •  0

295: 坂本慎太郎「まともがわからない」(2013)

exゆらゆら帝国の坂本慎太郎による3曲入り

  •  2
  •  0

294: 2012年の17曲。

1年を振り返る企画その2。2012年に買ったCD

  •  0
  •  0

293: 石川さゆり「X-Cross-」(2012)

数多くのヒット曲を持つ演歌界の大御所、石

  •  0
  •  0

292: 2012年の5枚。

毎年恒例のアレの季節であります。2012年に

  •  2
  •  0

291: 紅白歌合戦2012。

謹んで年始のご挨拶を申し上げます。個人的

  •  6
  •  0

290: Balmorhea「Stranger」(2012)

テキサス州オースティンを拠点に活動してい

  •  0
  •  0

289: Siberian Newspaper「0」(2012)

日本発、G×2+B+Vln+Pf+Perによる6人組(も

  •  0
  •  0

288: 趣味:音楽鑑賞(主に洋楽)

職場の同僚A氏(私と同い年)は四国の海沿

  •  0
  •  0

286: アンクルボーイ「宇宙カラコンニチワ」(2012)

斉藤孝太郎(Cello)、うしろから前川(B)

  •  0
  •  0

284: Machacek Preuschi Pirker「Fat」(2012)

Terry Bozzioとの共演やUKZへの参加等で知

  •  0
  •  0

283: Aranis「Made In Belgium」(2012)

ベルギー産チェンバー・ロック・グループの

  •  0
  •  0

282: 今沢カゲロウ@鳴門D-BOX(2012.11.17)

昨年は3月にThe Nationalを見る予定だった

  •  2
  •  0

281: Geoff Tate「Kings & Thieves」(2012)

Queensryche(以下QR)を解雇(?)された

  •  0
  •  0

280: Mr. Gil「I Want You To Get Back Home」(2012)

以前、ポーランドのBelieveというバンドを

  •  0
  •  0

279: Nik Bärtsch's Ronin「Live」(2012)

Nik Bärtsch(ニック・ベルチュ。Baertsch

  •  1
  •  0

278: Devin Townsend Project「Epicloud」(2012)

DTP名義としては5th(The Devin Townsend P

  •  2
  •  0

277: Marillion「Sounds That Can't Be Made」(2012)

イギリスのヴェテラン5人組の新作。アコー

  •  0
  •  0

276: The Gathering「Disclosure」(2012)

オランダの元(?)ゴシック・メタル・バン

  •  0
  •  0

275: Diablo Swing Orchestra「Pandora's Piñata(Pinata)」(2012)

メタル+ビッグ・バンド+オペラという狂っ

  •  0
  •  0

274: Luar Na Lubre「Mar Major」(2012)

スペインはガリシア州の女性Voを擁する8人

  •  0
  •  0

273: Sha's Feckel「Greatest Hits」(2012)

Nik Bärtsch's Roninのクラリネット/サック

  •  0
  •  0

272: Tremonti「All I Was」(2012)

Creed/Alter Bridgeのギタリスト、Mark Tre

  •  0
  •  0

271: Doimoi「Materials Science」(2012)

名古屋発4人組の3rd。情緒的なメロディは私

  •  2
  •  0

270: Fleur「Probuzhdenie」(2012)

ウクライナ産、女性Vo×2を擁するユニットの

  •  0
  •  0

269: Anneke Van Giersbergen「Everything Is Changing」(2012)

オランダの歌姫Anneke Van Giersbergenの新

  •  2
  •  0

268: 今沢カゲロウ「Superlight」(2012)

日本人ベーシスト、15枚目のアルバム。眩い

  •  0
  •  0

267: Robert Fripp / Andrew Keeling / David Singleton「The Wine Of Silence」(2012)

King CrimsonのRobert Frippが過去に発表し

  •  0
  •  0

266: Rush「Clockwork Angels」(2012)

カナダの至宝、通算19枚目。米ビルボードで

  •  0
  •  0

265: Gotye「Making Mirrors」(2011)

ベルギー生まれ、オーストラリア育ちのSSW

  •  0
  •  0

264: Geoff Tate脱退(?)によせて。

私が入院している間に何してるアルか!Quee

  •  0
  •  0

263: Anathema「Weather Systems」(2012)

退院しました。これからもよろしくお願いし

  •  0
  •  0

262: 生きてますよ。

あ、もう一カ月以上更新してなかったのか。

  •  2
  •  0

261: OSI「Fire Make Thunder」(2012)

Fates WarningのJim Matheos(G,B,Key,Prog

  •  0
  •  0

260: The Brandt Brauer Frick Ensemble「Mr. Machine」(2011)

ドイツの人力ミニマル・テクノ・ユニット3

  •  0
  •  0

259: Gavin Harrison & 05Ric「The Man Who Sold Himself」(2012)

Porcupine TreeのGavin Harrison(Dr,B,G)

  •  0
  •  0

258: Shining「Live Blackjazz」(2011)

ジャズの素養を持つ変態ハードコア~ブラッ

  •  0
  •  0

257: Steve Hogarth & Richard Barbieri「Not The Weapon But The Hand」(2012)

MarillionのSteve Hogarth(Voice/Words)

  •  0
  •  0

256: Portico Quartet「Portico Quartet」(2012)

ロンドンで結成されたSax+Dr+B+Hang Drumか

  •  0
  •  0

255: Kraftwerk「Trans Europe Express」(1977)

私がKing Crimsonをはじめとする(他の4つ

  •  0
  •  0

254: Rokash「Запалі Агонь」(2011)

好事家の間で高い評価を得ているRational D

  •  0
  •  0

253: 2011年の15曲。

あけましておめでとうございます。今年もこ

  •  0
  •  0

252: Kate Bush「50 Words For Snow」(2011)

寡作で知られながら今年はセルフ・カヴァー

  •  0
  •  0

251: 2011年の5枚。

まだ年も明けてないが、もうこれ以上CDやDV

  •  0
  •  0

250: Cynic「Carbon-Based Anatomy」(2011)

フロリダ産デス(?)・メタル・バンドの新

  •  0
  •  0

249: Daughtry「Break The Spell」(2011)

デビュー作に続いて2作目となる前作「Leave

  •  0
  •  0

248: The Claudia Quintet +1「What Is The Beautiful?」(2011)

Johm Hollenbeck(Dr,Per,Key)率いるNYの

  •  0
  •  0

247: Benoit Moerlen「Rocking Roller」(2011)

GongやMike Oldfield、Gongzillaでの活動で

  •  0
  •  0

246: King Crimson「Starless And Bible Black」(1974)

The 25 best basslines of all time上の記

  •  0
  •  0

245: Ex-Wise Heads「Schemata」(2011)

英国人サックス/フルート奏者のGeoff Leigh

  •  0
  •  0

244: Silent Stream Of Godless Elegy「Návaz」(Navaz)(2011)

男女Voにヴァイオリン奏者&チェロ奏者を擁

  •  0
  •  0

243: Mutemath「Odd Soul」(2011)

前作「Armistice」の後にギタリストが脱退

  •  0
  •  0

242: Blue October「Any Man In America」(2011)

テキサス州ヒューストン出身4人組の6th。元

  •  0
  •  0

241: Nguyên Lê「Songs Of Freedom」(2011)

ヴェトナム系フランス人ギタリスト、Nguy&#

  •  0
  •  0

240: Dream Theater「A Dramatic Turn Of Events」(2011)

皆様お待ちかねの新作であります。新作を聴

  •  6
  •  0

239: 今沢カゲロウ「Hansa」(2011)

日本人ベーシスト、今沢カゲロウ2年ぶりの1

  •  0
  •  0

238: ProjeKct Two「Live Groove」(1999)

「今これをレビューする意義があるのか?」

  •  0
  •  0

237: H(Steve Hogarth)「Ice Cream Genius」(1997)

例年、8月はCDの購入枚数が少なくて、この

  •  0
  •  0

236: Szalóki Ági & Borlai Gergö「Kishúg」(2011)

ハンガリーの女性シンガー、Szalóki

  •  0
  •  0

235: Queensryche「Dedicated To Chaos」全曲解説。

時期的に「2011年上半期ベスト」的なエント

  •  2
  •  0

234: Marillion「Live From Cadogan Hall」(2010)

2009年にリリースしたアコースティック・ア

  •  2
  •  0

233: Queensryche「Dedicated To Chaos」(2011)

バンド結成30年目にしてYの上からウムラウ

  •  0
  •  0

232: Brandt Brauer Frick「You Make Me Real」(2010)

Daniel Brandt、Jan Brauer、Paul Friendri

  •  0
  •  0

231: Jakszyk, Fripp And Collins「A Scarcity Of Miracles」(2011)

Robert FrippがKing Crimsonの名を冠した作

  •  0
  •  0

230: Sixx:A.M.「This Is Gonna Hurt」(2011)

Mötley CrüeのNikki Sixx(B)とJames Mich

  •  0
  •  0

229: Van Der Graaf Generator「A Grounding In Numbers」(2011)

70年代に活躍した英国産プログレッシヴ・ロ

  •  0
  •  0

228: Acoustic Asturias「Legend Of Gold Wind」(2011)

Asturiasは作・編曲家/マニピュレータの大

  •  0
  •  0

227: Within Temptation「The Unforgiving」(2011)

メタル界隈ではすっかりトップ・アクトとし

  •  2
  •  0

226: Minnemann, Brinkmann「Shining」(2010)

Mike Portnoy脱退後、Dream Theaterのドラ

  •  0
  •  0

225: Anna Pingina「Moy」(2010)

ロシア人女性シンガーAnna Pinginaの、これ

  •  0
  •  0

224: California Guitar Trio「Andromeda」(2010)

Robert Frippがかつて主催していたGuitar C

  •  0
  •  0

223: Believe「World Is Round」(2011)

日系人(?)ヴァイオリン奏者を含むポーラ

  •  0
  •  0

222: Rush「Counterparts」(1993)

真打登場!その2。Masqueradeのレビューで

  •  2
  •  0

221: The Reign Of Kindo「This Is What Happens」(2010)

ニューヨーク州出身、Vo+G+B+Dr+Pianoから

  •  0
  •  0

220: Ektar「Kontrapunkt」(2010)

ハンガリー産7人組トラッド・バンドの3rd。

  •  0
  •  0

219: Gary Moore「Dark Days In Paradise」(1997)

Gary Mooreについては、何せアルバムを2枚

  •  0
  •  0

218: Masquerade「Surface Of Pain」(1994)

真打登場です!私の音楽的嗜好を形成する上

  •  4
  •  0

217: Steve Reich「Double Sextet/2x5」(2010)

ミニマル・ミュージックの大御所、Steve Re

  •  0
  •  0

216: Hattler「Gotham City Beach Club Suite」(2010)

以前はKraanというプログレ~ジャズ・ロッ

  •  0
  •  0

215: 2010年下半期の3枚+α

いつものように。1.Brother Ape「A Rare Mo

  •  0
  •  0

214: Mr. Big「What If...」(2010)

明けましておめでとうございます。昨年末に

  •  0
  •  0

213: Aranis「Roqueforte」(2010)

2010年の一発目に「Songs From Mirage」(2

  •  0
  •  0

212: Brother Ape「A Rare Moment Of Insight」(2010)

今年の上半期ベスト3に入った前作「Turbule

  •  2
  •  0

211: Kings Of Leon「Come Around Sundown」(2010)

テネシー出身4人組の5th。元々イギリスで人

  •  0
  •  0

210: Alter Bridge「ABIII」(2010)

Slashのソロ・アルバムに参加したことで日

  •  0
  •  0

209: James Blackshaw「All Is Falling」(2010)

毎年、夏頃になると律儀にアルバムを出して

  •  0
  •  0

208: Paula Cole「Ithaca」(2010)

アメリカ人女性SSW、Paula Coleの5thアルバ

  •  0
  •  0

207: Mick Karn「The Concrete Twin」(2010)

現在癌で闘病中と伝えられる元Japanのベー

  •  0
  •  0

206: Fish「Yin」「Yang」(1995)

Marillionの日本における評価というか立ち

  •  0
  •  0

205: 青森最後の詩人ひろやー「津軽曼荼羅」(2008)

ニコニコ動画でアルバムの冒頭を飾る"新町"

  •  0
  •  0

204: James LaBrie「Static Impulse」(2010)

Dream Theater(以下DT)のヴォーカリスト

  •  0
  •  0

203: 聖飢魔II@グランキューブ大阪(2010/09/30)

10年来、参戦(彼らの流儀に従えば「参拝」

  •  2
  •  0

202: Clogs「The Creatures In The Garden Of Lady Walton」(2010)

The Nationalのギタリスト、Bryce Dessner

  •  0
  •  0

201: Thôt「With Words Vol. 1 & Vol. 2」(2009)

フランスのサックス奏者、Stéphane

  •  0
  •  0

200: Pendulum「Immersion」(2010)

オーストラリア出身のRob Swire(Vo,Synth

  •  0
  •  0

199: Mike Portnoy脱退によせて。

Blabbermouth.Net-Mike Portnoy Quits Drea

  •  5
  •  0

198: Nik Bärtsch's Ronin「Llyrìa」(2010)

ECMからは3作目、通算では6作目となるNik B

  •  0
  •  0

197: Die Mannequin「Fino + Bleed」(2009)

90年代のグランジ/オルタナティヴ・ロック

  •  0
  •  0

196: 新日本プロレス G1 CLIMAX XX ~20th Years Anniversary~@大阪府立体育館(2010.8.7)

今回のエントリは音楽の話は1文字も出てき

  •  0
  •  0

195: 聖飢魔II「悪魔Relativity」(2010)

限定盤と通常盤のみならず集大成盤まで購入

  •  2
  •  0

194: Van Canto「Tribe Of Force」(2010)

国内盤のオビに曰く「アカペラ・メタル」。

  •  0
  •  0

193: 2010年上半期の3枚

例年、上半期は不思議と印象に残らない作品

  •  0
  •  0

192: Cynic「Re-Traced」(2010)

2008年に「Traced In Air」で復活を遂げたC

  •  0
  •  0

191: Soilwork「The Panic Broadcast」(2010)

かつて作曲面の核で「Stabbing The Drama」

  •  0
  •  0

190: こんなこともある。

インディー・レーベルや自主制作系のCDは「

  •  0
  •  0

189: Marillion「Seasons End」(1989)

Marillionの5thアルバム「Seasons End」を

  •  0
  •  0

188: Anathema「We're Here Because We're Here」(2010)

英国産ゴシック・バンドの8th。過去の曲を

  •  0
  •  0

187: The National「High Violet」(2010)

2005年の3rd「Aligator」と4th「Boxer」で

  •  0
  •  0

186: Shining「Blackjazz」(2010)

スウェーデンノルウェー産5人組の5th。2005

  •  2
  •  0

185: Asia「Omega」(2010)

フジロックのロゴがAsiaのバンドロゴのパク

  •  0
  •  0

184: Exivious「Exivious」(2009)

CynicのTymon(G)とRobin Ziethorst(B:C

  •  0
  •  0

183: Triptykon「Eparistera Daimones」(2010)

衝撃の復活作「Monotheist」が絶賛の嵐を浴

  •  0
  •  0

182: Type O Negative「October Rust」(1998)

Peter Steele逝去。もうしばらくすれば大好

  •  0
  •  0

181: Coheed & Cambria「Year Of The Black Rainbow」(2010)

アメリカ産プログレ・ハード・ロック・バン

  •  0
  •  0

180: Blues Control「Local Flavor」(2009)

ある年齢層の日本人なら「リアル餃子(チャ

  •  0
  •  0

179: Fear Factory「Mechanize」(2010)

バンドから追放されたハズのDino Cazares(

  •  0
  •  0

178: Pamela Moore「Stories From A Blue Room」(2006)

どこにニーズがあるのか全くわからないまま

  •  0
  •  0

177: Radar「RPM」(2000)

先日我が家を訪ねた友人(40代♂)に今回紹

  •  0
  •  0

176: Univers Zero「Clivages」(2010)

99年の再始動以来、3枚のスタジオ盤と2枚の

  •  0
  •  0

175: Brother Ape「Turbulence」(2009)

スウェーデンのシンフォニック・ロック3人

  •  0
  •  0

174: Halford「Winter Songs」(2009)

Judas PriestのVo、Rob Halfordが自らのソ

  •  0
  •  0

173: Anneke Van Giersbergen & Agua De Annique「In Your Room」(2009)

exThe Gatheringで、2009年リリースのDevin

  •  3
  •  0

172: 2009年の5枚等。

いつものアレです。2009年に購入(2009年中

  •  0
  •  0

171: Diablo Swing Orchestra「Sing Along Songs For The Damned & Delirious」(2009)

男女ツイン・ヴォーカルにツイン・ギターを

  •  0
  •  0

170: Aranis「Songs From Mirage」(2009)

既にエントリが1つ上がっていますが明けま

  •  4
  •  0

165: インパクト重視で選ぶ'00年代の30枚(序文)

企画モノ始めます。テーマはタイトルそのま

  •  0
  •  0

169: インパクト重視で選ぶ'00年代の30枚(2000-2001年編)

あの時僕は若かった~。[2000年]・Chroma K

  •  2
  •  0

168: インパクト重視で選ぶ'00年代の30枚(2002-2003年編)

このチョイスで本当に良かったのだろうか…

  •  0
  •  0

167: インパクト重視で選ぶ'00年代の30枚(2004-2005年編)

どんどん行きます。[2004年]・The Claudia

  •  0
  •  0

166: インパクト重視で選ぶ'00年代の30枚(2006-2009年編)

この時期はこのブログをやっている期間とか

  •  0
  •  0

164: Devin Townsend Project「Addicted」(2009)

Devin Townsend Project4部作の2枚目。ある

  •  0
  •  0

163: John Hollenbeck Large Ensemble「Eternal Interlude」(2009)

現代音楽/ジャズ・ロック方面のドラマー/コ

  •  0
  •  0

162: OneRepublic「Waking Up」(2009)

他の歌手に楽曲を提供する職業作曲家、Ryan

  •  0
  •  0

161: Creed「Full Circle」(2009)

2004年の解散後、インスト隊(3rdではいな

  •  0
  •  0

160: 映画「Anvil! 夢を諦めきれない男たち」を観た。

関東では既に公開され、何かと話題になって

  •  0
  •  0

159: Gavin Harrison & 05Ric「Circles」(2009)

Porcupine TreeやKing Crimsonのドラマー(

  •  2
  •  1

158: La Compagnie Des Arts「Detour」(2009)

フランスのクラシック・ギター奏者、Benoit

  •  0
  •  0

157: 今沢カゲロウ「Standards」(2009)

今沢カゲロウの13thは菰口雄矢(G)、若林

  •  0
  •  0

156: Marillion「Less Is More」(2009)

Marillionの新作はアコースティック・アル

  •  0
  •  0

155: Doimoi「Dialectic And Apocalypse」(2009)

名古屋のインディ・シーンで活躍する4人組

  •  0
  •  0

154: Rammstein「Liebe Ist Für Alle Da」(2009)

“Mann Gegen Mann”(邦訳:男対男)のPVが

  •  0
  •  0

152: Kreng「L'Autopsie Phénoménale De Dieu」(2009)

ベルギーの作曲家、Pepijn Caudronのソロ・

  •  0
  •  0

151: Daughtry「Leave This Town」(2009)

アメリカのリアリティ番組「アメリカン・ア

  •  2
  •  0

150: 聖飢魔II「悪魔Nativity “Songs Of The Sword”」(2009)

  日本のアニメ監督とのコラボ&欧州から

  •  2
  •  0

149: Megadeth「Endgame」(2009)

ロードランナー移籍2作目となる新作(12th

  •  0
  •  0

148: Mute Math「Armistice」(2009)

米産4人組の2nd。1stは未聴。エレクトロニ

  •  0
  •  0

147: 大橋隆志「Child Of Nature」(2006)

もう「元」聖飢魔IIじゃないな。突如新譜(

  •  0
  •  0

146: Queensrÿche(Queensryche)@赤坂Blitz(2009.8.23)

前回より随分と会場の規模が縮小されてしま

  •  0
  •  0

115: 1997年~2006年の10枚+1(序文)

※最終回となる第11弾アップしました。この

  •  0
  •  0

145: Univers Zero「The Hard Quest」(1999)

  ※「1997年~2006年の10枚+1」第11回

  •  0
  •  0

144: Rush「Rush In Rio」(2003)

※「1997年~2006年の10枚+1」第10回→

  •  0
  •  0

143: Jamie Saft「Black Shabbis」(2009)

ユダヤ系(恐らくアメリカ人)の鍵盤奏者、

  •  0
  •  0

142: Rachel's「Music For Egon Schiele」(1996)

※「1997年~2006年の10枚+1」第9回→他のレ

  •  0
  •  0

141: The Gathering「The West Pole」(2009)

オランダ産バンドの20周年を飾る9th。前作

  •  0
  •  0

140: Crimson Jazz Trio「King Crimson Songbook Volume 2」(2009)

前作のリリース時点でその存在が明らかにさ

  •  0
  •  0

139: Pure Reason Revolution「Amor Vincit Omnia」(2009)

イギリス産4人組の2ndフル。彼らの音源を聴

  •  0
  •  0

138: James Blackshaw「The Glass Bead Game」(2009)

1981年生まれという若き英国人ギタリストの

  •  0
  •  0

137: Devin Townsend Project「Ki」(2009)

「Ziltoid The Omniscient」以来2年ぶりの

  •  2
  •  0

136: 今沢カゲロウ(Quagero Imazawa)「Bass Days」(2006)

※「1997年~2006年の10枚+1」第8回→他のレ

  •  0
  •  0

135: Fight「Into The Pit」(2008)

Rob Halford(Vo)がJudas Priestを93年に

  •  0
  •  0

134: Tiit Kikas「String Theory」(2007)

エストニア出身のヴァイオリニスト/コンポ

  •  0
  •  0

133: Nik Bärtsch's Ronin「Stoa」(2006)

※「1997年~2006年の10枚+1」第7回→他のレ

  •  0
  •  0

132: Rush「Retrospective 3」(2009)

Dream Theater等に強い影響を与えた初期(

  •  0
  •  0

131: Queensrÿche(Queensryche)「American Soldier」(2009)

シアトル出身の(一応)プログレ・ハード・

  •  0
  •  0

130: KTU「Quiver」(2009)

第6期King Crimsonのリズム隊、Trey Gunn(

  •  0
  •  0

129: James LaBrie's Mullmuzzler「2」(2001)

※「1997年~2006年の10枚+1」第6回→他のレ

  •  0
  •  0

128: Disillusion「Gloria」(2006)

※「1997年~2006年の10枚+1」第4回→他のレ

  •  0
  •  0

127: Steven Wilson「Insurgentes」(2009)

Porcupine Tree(以下PT)の首領、Steven W

  •  0
  •  0

126: デーモン小暮「Girls' Rock Tiara」(2009)

デーモン小暮閣下が女性ヴォーカル曲をカバ

  •  0
  •  0

125: Fromuz「Overlook」(2008)

ウズベキスタン発インスト4人組(G+B+Key+D

  •  0
  •  0

124: Jean-Philippe Goude「Aux Solitudes」(2008)

フランスの作曲家、Jean-Philippe Goudeが

  •  0
  •  0

123: Devin Townsend Ocean Machine「Biomech」(1997)

※「1997年~2006年の10枚+1」第4回→他のレ

  •  0
  •  0

122: Chris Cornell「Euphoria Morning」(1999)

※「1997年~2006年の10枚+1」第3回→他のレ

  •  0
  •  0

121: 2008年下半期の5枚

既に1つエントリ上げてるけど、明けまして

  •  0
  •  0

120: 一噌幸弘・しらせ「よしのぼり」(2008)

一噌幸弘が自身の名を冠したしらせの初スタ

  •  0
  •  0

119: 捜血鬼 with 一噌幸弘「Quest For Blood」(2008)

2008年の色モノ・オブ・ザ・イヤーはこの人

  •  0
  •  0

118: Bill Bruford With Ralph Towner And Eddie Gomez「If Summer Had Its Ghosts」(1997)

※「1997年~2006年の10枚+1」第2回→他のレ

  •  0
  •  0

117: Terry Bozzio@大阪BIGCAT(2008.11.26)

Terry Bozzioは昨年1月にOut Trioで見てい

  •  0
  •  0

116: Art Zoyd「u.B.I.Q.U.e」(2001)

※「1997年~2006年の10枚+1」第1回→他のレ

  •  0
  •  0

114: 今沢カゲロウ@鳴門D-BOX(2008.11.15)

大雪に見舞われた3年前の12月以来、私にと

  •  0
  •  0

113: Metallica「Death Magnetic」(2008)

Metallicaの9th。プロデューサーが「Metall

  •  0
  •  0

112: Anathema「Hindsight」(2008)

英国の(元)ゴシック・メタル・バンド、An

  •  2
  •  0

111: Everon「North」(2008)

95年発表の2nd「Flood」が知る人ぞ知る名盤

  •  0
  •  0

110: Marillion「Happiness Is The Road」(2008)

前作「Somewhere Else」から約1年半という

  •  0
  •  0

109: Steve Jansen「Slope」(2007)

元Japan(他にも色々参加してるみたいだが

  •  0
  •  0

108: Alex Skolnick Trio「Last Day In Paradise」(2007)

Testamentのギタリスト、Alex Skolnickがド

  •  0
  •  0

107: デーモン小暮「√Hakurai Culture Rock Show」(2008)

女性ヴォーカル曲のカヴァー・アルバム第2

  •  4
  •  0

106: Canvas Solaris「The Atomized Dream」(2008)

前作「Cortical Tectonics」から1年ほどで

  •  2
  •  0

105: サザンオールスターズ「Southern All Stars」(1990)

私のような「ザ・ベストテン」「ザ・トップ

  •  0
  •  0

104: Lena Platonos「Diaries」(2008)

ギリシャの女性シンガー、Lena Platonosの8

  •  0
  •  0

103: Kip Winger「From The Moon To The Sun」(2008)

Wingerのフロントマン、Kip Wingerの8年ぶ

  •  0
  •  0

102: The Gathering「Souvenirs」(2003)

「How To Measure A Planet?」以降、バンド

  •  0
  •  0

101: Sha's Banryu「Chessboxing Volume One」(2008)

Nik Bärtsch's Roninのクラリネット/サック

  •  0
  •  0

100: Ensemble Dastan & Aslar Aghili「The Endless Ocean」(2007)

ペルシャ古典音楽を演奏するイランのグルー

  •  0
  •  0

99: James Blackshaw「Litany Of Echoes」(2008)

イギリス出身のギタリスト、James Blacksha

  •  0
  •  0

98: Net17「Casual Meetings」

私の姉のダンナがこれを作った人間でして(

  •  3
  •  0

97: 2008年上半期の5枚。

恒例のアレ。今年上半期の購入CD/DVDより、

  •  0
  •  0

96: 今沢カゲロウ「Bassist,Electric」(2008)

日本人ベーシスト、今沢カゲロウの12枚目と

  •  0
  •  0

95: Judas Priest「Nostradamus」(2008)

「Angel Of Retribution」(2005)に続く、

  •  0
  •  0

94: Talisma「Quelque Part」(2008)

カナダ(ケベック州)産バンドの3rd。2ndは

  •  0
  •  0

93: Tiles「Fly Paper」(2008)

デトロイト出身4人組の5th。彼らの作品を聴

  •  0
  •  0

92: Asia「Phoenix」(2008)

-もう、僕たちはThe Venturesを笑えない-て

  •  0
  •  0

91: Fight「A Small Deadly Space」(1995)

Judas Priestのヴォーカリスト、Rob Halfor

  •  0
  •  0

90: Agua De Annique「Air」(2007)

The Gatheringの看板Vo、Annek van Giersbe

  •  0
  •  0

89: The Gathering「Home」(2006)

女性Voをフィーチュアしたゴシック・メタル

  •  2
  •  0

88: デーモン小暮閣下@大阪BIG CAT(2008.4.26)

だいぶ体調も上向いてきた(あ、MRI検査の

  •  6
  •  0

87: Dream Theater「Greatest Hit(..And 21 Other Pretty Cool Songs)」(2008)

ワーナーに残した6枚のアルバムから22曲を

  •  0
  •  0

86: MRI検査室はプログレ。

今日、色々あって病院でMRI検査を受けてき

  •  0
  •  0

85: Strapping Young Lad「City」(1997)

Devin Townsend(Vo,G)率いるStrapping Youn

  •  2
  •  0

84: Joe Jackson「Rain」(2008)

英国出身SSW、Joe Jacksonの新作。30年近い

  •  0
  •  0

83: King Crimson「THRaKaTTaK」(1996)

70~80年代のクラシックスを怒涛のヘヴィ・

  •  0
  •  0

82: Nik Bärtsch's Ronin「Holon」(2008)

スイス出身の作曲家/ピアニスト、Nik B&aum

  •  0
  •  0

81: Alex Machacek,Jeff Sipe,Matthew Garrison「Improvision」(2007)

オーストリア出身のギタリスト、Alex Macha

  •  0
  •  0

80: Seal「System」(2008)

ロンドン出身の黒人シンガー、4年ぶりの5th

  •  0
  •  0

79: Protest The Hero「Fortress」(2008)

カナダ産5人組の2ndフル。線の細いヘロッと

  •  0
  •  0

78: Sean Malone「Cortlandt」(1996)

CynicやGordian Knotでの活躍が知られるベ

  •  0
  •  0

77: Jonas Hellborg「Art Metal」(2007)

スウェーデン人ベーシスト、Jonas Hellborg

  •  0
  •  0

76: Canvas Solaris「Cortical Tectonics」(2007)

アメリカ産インスト・メタル・トリオ(その

  •  0
  •  0

75: 2007年下半期の5枚。

あけましておめでとうございます。今年もシ

  •  0
  •  0

74: Adrian Belew「Side Four(Live)」(2007)

King Crimsonのギタリスト兼ヴォーカリスト

  •  0
  •  0

73: 有馬記念にキネーン騎手が出るぞ。

久しぶりに競馬ネタ。1年の締めくくり(た

  •  2
  •  0

72: Alter Bridge「Blackbird」(2007)

Scott Stapp脱退後、残されたCreedのメンバ

  •  0
  •  0

71: 12月のライヴ総ざらえ

12/8(Sat) Red Priest@兵庫県立芸術文化セ

  •  0
  •  0

70: King Crimson「B'Boom Official Bootleg-Live In Argentina」(1995)

2009年から始動する第7期(で合ってるのか

  •  0
  •  0

69: Queensÿche(Queensryche)「Take Cover」(2007)

「Operation:Mindcrime II」に続く新作はカ

  •  0
  •  0

68: King Crimson「The Great Deceiver 1&2」(2007)

   ブートレグ対策として92年にリリース

  •  0
  •  0

66: Mercedes Peón(Peon)「Sihá(Siha)」(2007)

スペインはガリシア地方の女性シンガー、Me

  •  0
  •  0

65: Artemiy Artemiev&Karda Estra「Equilibrium」(2002)

モスクワ五輪のテーマソング等で知られるロ

  •  0
  •  0

64: Soilwork「Sworn To A Great Divide」(2007)

スウェーデンのエクストリーム・メタル・バ

  •  0
  •  0

63: At War With Self「Acts Of God」(2007)

Gordian Knotの1stに参加したGlenn Snelwar

  •  5
  •  0

62: Arch Enemy「Rise Of The Tyrant」(2007)

スウェーデンのデス・メタル・バンド、Arch

  •  0
  •  0

61: As I Lay Dying「An Ocean Between Us」(2007)

米国産メタル・コア5人組の4th。私のメタル

  •  0
  •  0

60: Le Lann Top「Le Lann Top」(2007)

フランスのジャズ・トランペット奏者、Eric

  •  0
  •  0

59: 今沢カゲロウ「Bass Ninja DVD」(2007)

ループマシンを使って自身の弾くフレーズを

  •  0
  •  0

58: Divine Heresy「Bleed The Fifth」(2007)

Fear Factory解散→再結成の流れで村八分の

  •  0
  •  0

57: Steve Hackett「Darktown」

初期Genesisのギタリスト、Steve Hackettが

  •  2
  •  1

56: Two「Voyeurs」

「昔、何となく聴きそびれたCDを買ってみる

  •  0
  •  0

55: Phew「View」

Aunt Sallyというバンドでデビューした日本

  •  2
  •  0

54: Glenn Tipton「Baptism Of Fire」

「昔、何となく聴きそびれたCDを買ってみる

  •  0
  •  0

53: TNT「Firefly」

欲しい新譜がないので「昔、何となく聴きそ

  •  2
  •  0

52: 聖飢魔II「恐怖のレストラン」

デビュー当時の悪魔性を前面に押し出した世

  •  0
  •  0

51: 聖飢魔II「有害」

8月に入って全然CDを買っていないので回顧

  •  4
  •  0

50: James Blackshaw「The Cloud Of Unknowing」

イギリス出身の若きギタリストのソロアルバ

  •  0
  •  0

49: Kristi Stassinopoulou「Taxidoscopio」

ギリシャ出身のトラッド系女性シンガーのア

  •  0
  •  0

48: W.A.S.P.「Dominator」

Wingerに続いて80sヘア・メタル・バンドの

  •  2
  •  0

47: Pete Lockett's Network Of Sparks「One」

イギリス人パーカッショニスト、Pete Locke

  •  0
  •  1

46: Winger「IV」

80年代に隆盛を極めたヘア・メタル・バンド

  •  2
  •  0

45: Thursday「A City By The Light Devided」

米国産の、エモとかそういうのに分類される

  •  0
  •  0

44: Queensrÿche(Queensryche)「Mindcrime At The Moore」(DVD)

「Operation:Mindcrime I&II」の(ダイジェ

  •  0
  •  0

43: The Claudia Quintet「For」

NYのドラム+ベース+ヴィブラフォン+アコ

  •  0
  •  0

42: 2007年上半期の5枚+α

こんなもの書いて一体誰に何の足しになるの

  •  0
  •  0

41: Martone「When The Aliens Come」

アメリカ人変態バカテクギタリスト、Dave M

  •  0
  •  0

40: Hattler「The Big Flow」

ドイツのベーシスト、Hellmut Hattlerの(

  •  0
  •  0

39: Disen Gage「Libertâge(Libertage)」

ロシアのインディ・レーベル、Raigからリリ

  •  0
  •  0

38: Paula Cole「Courage」

2nd「This Fire」(96年)がグラミーの7部

  •  0
  •  0

37: The National「Boxer」

ツイン・ギターを擁する5人組の5th。サラッ

  •  0
  •  0

36: Devin Townsend「Ziltoid The Omniscient」

「家族と共に過す時間が欲しい」「燃え尽き

  •  0
  •  0

35: Dream Theater「Systematic Chaos」

2年ぶりのスタジオ9th。エンジニアにRushの

  •  2
  •  0

34: Queensryche@新宿厚生年金会館(2007/06/01)

感想やメモ的なモノを箇条書きで。>会場

  •  2
  •  1

33: Nik Bartsch's Ronin「Randori」

昨年、ECMからリリースされた「Stoa」が注

  •  0
  •  0

32: Megadeth「United Abomination」

ジャケ/内ジャケのイラストがナイス過ぎる

  •  2
  •  0

31: どのあたりが「何じゃコリャ?」かと申しますと。

4曲目“United Abonimations”のイントロが聖

  •  5
  •  0

30: Queensryche「Q2K」

Megadeth新譜のレビューを書くつもりだった

  •  0
  •  0

29: 不眠症のための音楽。

ゆさんが「Marillionの『Brave』を寝ずに聴

  •  0
  •  0

28: Rush「Snakes&Arrows」

キャリア33年を誇るカナダのトリオ、通算18

  •  2
  •  0

27: Porcupine Tree「Fear Of A Blank Planet」

昨年の2度にわたる来日(例のUDOのアレと11

  •  0
  •  0

26: Marillion「Somewhere Else」追記。

Marillionの新作「Somewhere Else」、よう

  •  2
  •  0

25: ショック。

Queensrÿcheの来日公演は「Operation:

  •  0
  •  0

24: 杉 良太郎「君は人のために死ねるか」

法律云々の話は別として、私は「音楽をDLす

  •  6
  •  0

23: Marillion「Man Of A Thousand Faces」

10年近く探していたブツがようやく見つかっ

  •  2
  •  0

22: Marillion「Somewhere Else」

約2年ぶりの14thアルバム。プロデューサー

  •  0
  •  0

21: 森進一はエモ。

Marillionの新譜が届いたが、彼らのアルバ

  •  4
  •  0

20: How We Live「Dry Land」

この時期になると、毎年のように春の陽光の

  •  0
  •  0

19: Type O Negative「Dead Again」

「盲人の足をすくうことの なんとたやすい

  •  0
  •  0

18: Crimson Jazz Trio「King Crimson Songbook Volume One」

前回のエントリーで書いたDream Theaterの

  •  0
  •  0

17: 「The String Quintet Tribute To Dream Theater」

このCDは以下の条件のうち、2に当てはまる

  •  0
  •  0

16: Dominici「O3 A Trilogy-Part 2」

このCDは以下の条件のうち、最低でもどれか

  •  2
  •  0

15: Boom Boom Satellites「On」

Boom Boom Satellitesは随分前に姉貴のダン

  •  0
  •  0

14: 逃げ馬だけに。

http://www.sanspo.com/keiba/top/ke200703

  •  0
  •  0

13: 聴こえない音

ArcRyte Online経由で見つけたDIES ARAEと

  •  6
  •  1

11: 今沢カゲロウ「Cyborg Om」

年間250本のソロ・パフォーマンスをこなす

  •  0
  •  2

12: 観たいライヴ目白押し

5月のデーモン小暮(大阪)や今沢カゲロウ

  •  0
  •  0

10: Devin Townsend「The Hummer」

今月の困ったちゃん。私ゃてっきり「Accelr

  •  0
  •  0

6: Arrigo Barnabé(Barnabe)「Missa In Memoriam Itamar Assumpção」

海外アーティストの日本語表記をやめたのは

  •  0
  •  0

9: Klaus Schulze「Timewind」

「Klaus Schulzeの最高傑作は何か」という

  •  0
  •  0

8: Lu7「L'esprit de L'exil」

梅垣瑠奈(Key)と栗原務(G)のインスト・

  •  0
  •  0

7: Dream Theater「Metropolis 2000」(DVD)

Birdsongs Of The Mesozoicで少しだけ触れ

  •  0
  •  0

5: nøught(nought)「nøught」

イギリス産バンドが2000年にリリースした1s

  •  0
  •  1

4: 後藤浩輝の涙

「日曜準メインの男」それが私の後藤浩輝に

  •  0
  •  0

3: birdsongs of the mesozoic with oral moses「extreme spirituals」

ジャズとかフュージョンとかロックとかアヴ

  •  0
  •  0

2: queensrÿche来日

5/31 東京 厚生年金会館6/1 東京 厚生年

  •  0
  •  0

1: nik bärtsch(baertsch、bartsch)「hishiryo」

このblogのタイトルの元になったnik bä

  •  4
  •  0