非思量

King Crimson「Three Of A Perfect Pair」(1984)

threeofaperfectpair.jpg

King Crimsonについては「Adrian Belew在籍時原理主義者」です。40周年記念シリーズ、80年代の3枚だけはコンプリートしました。全部輸入盤だけど。

私にとってのKing Crimsonはじめの一歩は「Three Of A Perfect Pair - Live In Japan 1984」という映像作品だった。Dream Theaterを筆頭とする洋楽メタルにハマりつつあった90年代前半のこと。どこでKing Crimsonの名前を見つけてどうやってこの作品にたどり着いたのか、さっぱり思い出せないのだが、その後一番最初に買ったKing Crimsonのアルバムがこの「Three Of A Perfect Pair」。

スラップとディレイを組み合わせたベースが楽曲の核をなす“Sleepless”、単調なリズムの繰り返しを軸に即興の要素を織り込んだ“Industry”、ドラムがひたすら機械的にビートを刻む“Larks' Tongues In Aspic Part III”等、テレビで流れる音楽(と、若干のメタル)しか知らない若造に浴びせられるものとしては十分過ぎる程の「ヘンな音楽」。

とは言え映像で一度はこれらの曲を耳にしているワケで、当時このアルバムを聴いていて違和感というか、ヘンな音楽を聴いている感を増幅させていたのが、90年代を席巻したヘヴィでオーガニックなサウンドとは正反対の、80年代中盤なりの都会的というか、人のぬくもりが全く感じられないそれ。90年代に入ってメタルにハマり出した身には随分と異様なものに映った。今改めて聴くと、その冷たい感触が「Discipline」(1981)「Beat」(1982)よりも徹底しているというか、容赦ない感じがしてこれはこれで味わい深いのだが。

よくぞここから「全スタジオ盤コンプリート」まで辿り着けたものである。ま、その後「Thrak」(1995)を購入したのがデカいと思いますけど。そこから「Red」(1974)をはじめとする第3期以前のアルバムに繋がっていったので。

なんだか厳しい物言いに終始しているように見えてしまうかも知れないが、冷静に眺めれば、Adrian BelewのポップなセンスやBill Brufordのジャズ指向が当時のCrimsonの方向性と程よく融和した、良い意味で「バンドの作品」なのではないかと思う(悪く言えば「妥協の産物」)。それなりにヘンな音楽を色々聴いてきて思うんだが、それらに比べればKing Crimsonは圧倒的に「ポップでフレンドリー」なバンドである。だから若かりし頃の私も違和感を抱きつつ何回も聴いていたのだろうし、その後ズッポリとはまってしまうのも必然だったのかも知れない。

50周年を目の前に控えてリリースされた40周年記念盤、他のアルバム同様Steven Wilsonによるリミックスが施されており、30周年記念盤と比較するとヒスノイズがキレイに除去された「Discipline」ほどの明快な変化は感じられないものの、ヴォーカルのミックスが少し変わっていたり、これまで意識することのなかった部分が耳に残るようになっている箇所もある。僅かな差ではあるが低音は輪郭がクッキリと聴こえるようになり、厚みも増している。

Wakrat「Wakrat」(2016)

wakrat.jpg

Rage Against The Machineのベーシスト、Tim Commerfordがメンバーにその名を連ねるWakratのデビュー作。なおバンド名はドラマーであるMathias Wakratのファミリー・ネーム。ギタリストはLaurent Grangeon。

アルバム・カヴァーの裏面に「Punk rock lives!」と書かれていて、確かに全9曲28分弱で駆け抜ける刹那主義的な疾走感はパンク的だが、パンク的な荒々しさとメタル的なヘヴィネスを組み合わせた生々しさがどこか懐かしさを感じさせる、90年代の香りが鼻先をかすめるサウンドに仕上がっている。歌詞の内容はよくわからないが、ぼんやり聴いているだけでもビシバシ耳に入ってくる四文字言葉も、まあ、そういう感覚を増強するというか。

ブリブリ鳴り響くベース、ヘンな音を一杯出すギター、シャープなドラムは聴いていて心地良く、複雑なリズムの展開も随所で取り入れられており、さらに言えばメロディも意外に(?)キャッチー。Commerfordのザラザラしたヴォーカルも曲調にマッチしている。個人的な好みで言えば、最初にネットで耳にした“Sober Addiction”が突出しているが、他の曲も悪くない。RATMは20年ぐらい前にMTVで流れているのをよく見かけたがどうも馴染めず、楽器隊がChris Cornellと組んだAudioslaveも好きになれなかったが、これはなかなか。


Wakrat“Sober Addiction”


水曜日のカンパネラ「UMA」「Superkid」(2016)

uma.jpg 

メジャーデビュー作となった「UMA」、なんとなくレビューを書く時期を逸したままここまで来てしまったので、新譜が出たタイミングで2枚まとめて紹介。

「UMA」は、一部楽曲の作曲を外部に委嘱しており、特にコムアイが作詞を手掛けたラスト2曲“バク”“クラーケン”が異彩を放っている。“クラーケン”なんて作曲がBrandt Brauer Frickで、あの欝々としたジャーマン・プログレに通ずる硬質なサウンドにコムアイの不器用なヴォーカルが乗っかっていて、興味深い仕上がりになっている。

全体的にも委嘱曲の異質さに引っ張られてか、「ジパング」(2015)のようなミもフタもないキャッチーさはやや後退して、クールな香りが漂う。ほのぼのした空気の“ユニコ”からはコムアイの歌に成長の跡がうかがえる。この曲はいいな。

superkid.jpg

11月中はiTunesとApple Musicのみで配信(11/30から他の配信サイトでも配信開始)されるデジタル・オンリーのシングルが「Superkid」。iTunesのみトヨタ・プリウスとのコラボ曲“松尾芭蕉”を含めた全3曲。

こちらは全曲作詞・作曲をケンモチヒデフミが担当しており、ファンク色豊かな“アラジン”、暑苦しさとトロピカルさが同居する“カメハメハ大王”、様々なビートが現れては消える目まぐるしい“松尾芭蕉”と、彼女達らしいアッパーで享楽的なムード満載。上手い、とまではよう言わんけど、コムアイの歌も随分と洗練されてきている。


水曜日のカンパネラ“アラジン”

Alter Bridge「The Last Hero」(2016)

lasthero.jpg

「Fortress」から3年ぶりとなる5th。

国内盤の帯に「これが真のアリーナ級ハード・ロックだ」とあり、ポスト・グランジ(この表現、Mark Tremontiは嫌っているようだが)寄りの重々しいサウンドを聴かせる彼らに似つかわしい言葉なのかな、と聴く前はやや不思議に思っていたのだが、“We are all too divided this time”なんて歌詞がこれ以上なくアメリカの現状を言い表したオープナー“Show Me A Leader”をはじめ、重々しさよりも勇ましさが先立ち、シンガロングを意識したようなアレンジを施された曲が目に付く。

ベタなキャッチーさを持つ“Poison In Your Veins”“My Champion”といったポップな曲で盛り上げつつ、後半にスケールの大きいドラマティックな“This Side Of Fate”や“Crows On A Wire”といった曲を据え重厚感も演出。最早隙はない。ガッツィーなサウンドやヴォーカルに変化はなし。高いレヴェルでの安定感が際立っている。

ある意味「ABIII」(2010)の作風に接近している感もあるが、作品を通しての起伏のつけ方は「Fortress」で何らかのコツを掴んだと見え、前作と違う作風を追及しつつクオリティは前作と比べても全く劣っていないのが凄い。ひたすらカッコいい。


Alter Bridge“Poison In Your Veins”

Disillusion「Alea」(2016)

alea.jpg

私に大いなる衝撃を与えた2nd「Gloria」(2006)のインパクトの大きさ(一般ウケの悪さとも言う)ゆえか、その後パッタリと作品のリリースが途絶えていたドイツのDisillusion。ライヴの情報は公式サイトでポツポツと更新されていたので活動していることは確認できていたが、気が付けば「Gloria」から10年、ようやく待ちに待ったスタジオ音源の登場である。

10分20秒の長尺曲1曲のみ収録という特異なフォーマットで、せめて2、3曲入りのEPというワケにはいかなかったのか…とは思うが、贅沢は言うまい。マス・ロック的なリフや複雑な場面展開を織り交ぜたダークなヘヴィ・メタルに仕上がっており、「Gloria」ほどの奇抜さはなく、1stのファンだった人にも馴染みやすいと思われる(Voはデス声ではない)が、冒頭の不穏なSEやエンディングへ向かうパートで鳴り響くニヒルなトランペットに「Gloria」を通過したバンドの強烈な個性が垣間見える。

もう新譜のリリースは難しいと思っていたので、それがたとえ収録曲がたった1曲だったとしても、復活は嬉しい。なかなか出来も良いので、この調子で早期のアルバム・リリースも期待したい。


昨年12月のライヴ映像。「Gloria」収録の“The Black Sea”

Newest