非思量

Anathema「The Optimist」(2017)

theoptimist.jpg

一昨年、待望の初来日を果たしたAnathemaの3年ぶりとなる新作。

レコード屋で予約してあったCDを受け取り、そのままカーステレオに放り込んで聴いているうちに浮かんできた感想が「なんか『A Fine Day To Exit』(2001)みたいやな」というものだったのだが、後から国内盤の帯に目を通してみるとその「A Fine Day~」が言及されていて、更にライナーを読んでみると今作はズバリ「A Fine Day~」の続編だという記述が。あれま。

とはいえ、曲調が似ているとか、そういう話ではない。SE調の“32.63N 117.14W”から続いて流れる“Leaving It Behind”の硬質なサウンドが「We're Here Because We're Here」(2010)以降のドラマティック路線からの明確な路線変更を告げているが、「Aメロ→Bメロ→サビ」といった明快な構成を持たず、メインのメロディやフレーズを、少しずつアレンジに変化を加えながらひたすら繰り返すタイプの曲が大半を占めており、何かこう、聴いていてモヤッとしたものが終始つきまとう。そのモヤッとしたものが「A Fine Day~」を貫く虚無感に通じているような気がする。

“Endless Ways”や“Ghosts”のような美しいメロディを持つ曲もあるが、メロディそのものを聴き手の心に刻み込むような構成には全くなっておらず、「We're Here~」以降の、ドラマティックな楽曲がもたらすカタルシスを期待すれば盛大に肩透かしを食らうことになる。先行して公開された“Springfield”から、いやもっと言えば前作「Distant Satellites」(2014)の時点で路線変更自体は十分予想できたことではあったが、それでもこの新作は掴みどころがなくて、でももう一回聴けば何か掴めるのではないかと思って、結果、最近滅多にないぐらいのヘビロテ作になっている。なんだろうなこのしてやられた感。

しかし何回も聴いてやっと見えてきたこともあって、それが前出の“Endless Ways”“Ghosts”やトロンボーンとコントラバスをフィーチュアしてかつてなくムーディな味わいに仕上がっているジャズ調の“Close Your Eyes”で素敵な歌を披露しているLee Douglasの存在感。技巧でねじ伏せるタイプの歌い手ではないが、ソフトな中に力強さが秘められた声が個性的でとてもいい。初来日の際も大人気だった彼女、「A Fine Day~」の頃は正式メンバーですらなかったのだが、今ではすっかり主役級。


Anathema“Springfield”

Lonely Robot「The Big Dream」(2017)

thebigdream.jpg

It BitesやKino、Frost*等での活動で知られるJohn Mitchell(Vo,G,B,Key)のソロ・プロジェクト、Lonely Robotの2nd。ドラムスをCraig Blundellがプレイしている他、女性Voのパート(Bonita Mckinney)を除くすべての演奏がMitchell自身の演奏によるものとなっている。なお、国内盤はボートラ3曲を追加収録。

1st「Please Come Home」(2015)以来から2年のインターバルが開いているが、シンフォニックなプログレ・ハードという音楽性は堅持されている。奇数拍子が多用されているが、ヘヴィすぎないサウンドとキャッチーで滑らかなメロディのおかげか、さほどクドい感じもしない。ややハスキーなMitchellのヴォーカルを主役に据えつつ、多彩なギター・ソロもふんだんにフィーチュアした力作に仕上がっている。

作風は買う前に予想していたそれから一切逸脱しておらず、まあそれはそれでどうなのよという気もしないではないが、良いメロディが聴ければそれで良し、という気持ちで買ったので。パワフルな“Sigma”、透明感のある“The Divine Art Of Being”等、サビのメロディが印象的な曲が続く中、本編ラストを締めくくる3分弱のインスト曲の繊細な美しさが印象に残った。


Lonely Robot“Sigma”

sora tob sakana「cocoon ep」(2017)

cocoon.jpg


この記事の掲載日時点で平均年齢14歳の4人組アイドルユニットによるEP。

「音楽プロデュースを照井順政(ハイスイノナサ、siraph etc)が手掛けており、ポストロックとエレクトロニカを基調にした物語性の強い楽曲と表情豊かでまっすぐなパフォーマンスが唯一無二の世界観を作り出している。」とは公式サイトにある触れ込みだが、リーダー・トラックの“ribbon”を聴いて、奇数拍子を織り込んで暴れまわるリズム隊に唖然茫然。全6曲中3曲が生バンドの演奏で、この“ribbon”もさることながら、“夢の盗賊”での鋭角的なサウンドのギターもなかなかのインパクト。“透明な怪物”はピアノをバックに従えた穏やかな合唱曲といった風情で、ここで一旦トーンダウン、と見せかけてやっぱり鋭角なギターとリズム隊がブリブリ割り込んでくる。面白いなあ、これ。

エレクトロニカ色を強めた残り3曲も込みでなかなかに隙の少ない良作だと思うのだが、こうなるとちょっと気になるのが歌唱のつたなさ。「年端もゆかぬ女の子の歌に何を無粋な」っつー話ではあるんだが、好事家受けからもう一段上にステップアップしようとすると、歌が今のレヴェルでは壁にぶち当たるような気がする。Babymetalが広い層にアピールした理由も、まあ色々あるのだろうけど「歌が人並み外れて上手い」というのは要素の一つとして無視できないと思うのだ。実際、メタル好きではない私の知人(♀)が「Su-Metalちゃんの歌が上手過ぎる」という理由でBabymetalを愛聴していたりするし。

まあそれが技量であれ何であれ「替えの効かない」感は重要、何事も中途半端は良くない。持って生まれた才能に負うところも大きい話なので難しいところはあるかも知れないが、いずれにせよ、さらなる精進を。とはいえ、個人的にはかなり気に入った。アイドルでこれやるかという意外性と完成度の高さ。大変クールである。


sora tob sakana“ribbon”

Marillion来日!

「Brave」で彼らの音楽にハマッてから23年。赤ん坊が生まれ、順調に育てば大学を出て就職するまでの年月。Marillionが日本にやってくる。待ち焦がれたなんてもんじゃない。というか、そもそも期待してなかった。その23年間の約半分は国内盤の発売すらなかったんだぞ。




「Sounds That Can't Be Made」「Fuck Everyone And Run」はプレオーダー盤と国内盤の両方を買った。願掛けでもしている気分というか、Hoping against hopeつーのはこういう状況を指すのかね…と自虐的になっていたが、いやはや、命あっての物種である。生きていて良かった。

これでチケットが取れなかったら最早死あるのみ。さすがに取れると思いますが。どの曲をやるのか想像もつかないがアンコールで“Garden Party”をやりそうな予感だけはあるので“I'm fuckin!”と叫ぶ練習だけはしておこうと思います。2日とも行くぞコノヤロー変な仕事入るんじゃねえぞ!入れたって働かんからな!


Marillion“Living In F E A R”

Richard Barbieri「Planets + Persona」(2017)

planets_persona.jpg

元Japanで、拙ブログで採り上げる諸作品でもチョコチョコとその名が出てくるキーボーディスト、Richard Barbieriの「Stranger Inside」(2008)以来実に9年ぶりとなる3rdソロ。

2006年のPorcupine Tree来日公演(大阪南港にあったZepp Osakaで、客が250人ぐらいしかいなかった)で、会場全体を上から包み込むように降り注ぐ荘厳な彼のサウンドにノックアウトされたことが今でも懐かしく思い出される(ちなみに前座はRobert Frippのサウンドスケープによるソロ・パフォーマンスで、2割近くの客が寝ていた)が、このアルバムで主に聴こえてくるのはトランペットやアコースティック・ギター等のゲストをフィーチュアした、指でつついただけで壊れてしまいそうなほどの繊細なサウンドの連なり。

明確なメロディを奏でているワケではないしミニマルな印象を感じさせる瞬間すらあるのだが、パーカッションでメリハリをつけつつここぞという場面で霧があたりを包み込むかのように例のサウンドが立ち上り、結果、脳裏にムーディな情景が浮かんでくる作品に仕上がっている。キラキラと煌くサウンドが万華鏡のように現れては消える“New Found Land”が本作のハイライト。饒舌さはなく、内省的な音なのだが、聴いた後に不思議なインパクトが残る美しい作品。良い。


Richard Barbieri“Solar Sea”

Newest